苦手な人の納豆の食べ方

納豆が苦手な人は、匂いが嫌いか粘りか嫌いかにより、その食べ方が変わってきます。
匂いが嫌いな場合には、その匂いを気にならないような方法で、粘りが嫌いな場合には
粘りが気にならない方法で食べるようにします。

匂いが嫌いな場合には、からしを多めにつけることをおすすめします。
からしは納豆の臭みを消してくれることに役に立つのです。

そのため食べるときにからしを多めに入れてかき混ぜることで、臭みをほとんど消す
ことが出来ます。

他にもキムチを入れて混ぜることをおすすめします。キムチを入れることで、
納豆の臭みをほとんど打ち消すことが出来ます。

またキムチは同じ発酵食品であるために、より体に良い成分を取り入れることが出来ます。
そのため健康効果を増進することが出来るのです。

納豆とキムチは相性が良いために、一緒に食べることをおすすめします。
しかしこの方法の欠点は、辛いものが嫌いな人は食べられないということです。

次に粘りを消す方法です。粘りを消すためには、味噌汁に入れたり炒め物にすることで
解消が出来ます。

納豆

味噌汁の具に納豆を入れることに抵抗があるかもしれませんが、味噌と同じ発酵食品
であるために、味噌汁とは相性が良いのです。なので試したことが無い人は、一度味
噌汁に入れてみることをおすすめします。

チャーハンの具にすることも、粘りが消えて美味しく食べられる方法です。
油と痛めることで納豆は粘りと臭みを消すことが出来ます。そのため苦手な人でも美味しく
食べられるのです。

以上のように、納豆が苦手な人向けの食べ方では、より臭みが強い物を混ぜて匂いを打ち
消すか、それとも汁物に入れるか、炒め物にするかにわかられます。

ちょっとした工夫で臭みや粘りを消すことが出来るので、栄養を簡単に吸収することが
出来るのです。
納豆にはたんぱく質や食物繊維、そして特有の成分であるイソフラボンなどがたくさん
含まれているので、苦手で食べられないということはとてももったいないことです。
そのためちょっとした工夫をして食べるようにしましょう。