健康効果抜群、ナットウキナーゼとは

納豆は、納豆菌に大豆を発酵させることで作られる発酵食品で、
日本では1,200年ほど前から食べられてきた健康食品です。


大豆は発酵する過程で納豆特有のネバネバを発生しますが、
この中に含まれるのがナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼはタンパク質を溶かす酵素ですが、健康効果としては
血栓を溶かしやすくする働きを持っています。

血栓は元々、血管が損傷して出血したときに損傷した部分を修復するため
に血小板が集まってできるものです。

通常であれば、血栓は止血した後酵素によって溶かされ消失しますが、
血液中にコレステロールや脂肪が多い、

いわゆる血液ドロドロの状態である場合には酵素の働きが弱まり、
血栓は消失せずに大きくなって血管を詰まらせ、脳梗塞や心筋梗塞を引き
起こしてしまいます。

ナットウキナーゼは血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけて血栓
を溶かすほか、血栓溶解酵素ウロキナーゼやプラスミンが増えるように働
きかけ、さらに血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用もあり、多角的に
血栓の溶解を促します。

従ってナットウキナーゼを摂ることによって血液がサラサラになり、
血栓を防いで脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らすという健康効果があるのです。
納豆には血液をサラサラにする成分が含まれています。

納豆

その他にも血圧降下作用、血流改善作用、血小板凝集抑制作用といった
健康効果があることも確認されています。

血栓ができるのを防ぐためにナットウキナーゼを摂るのであれば、
夕食後や就寝前に摂るのが効果的です。

血栓は深夜から早朝にかけてできやすいですし、ナットウキナーゼの効果持
続時間は数時間~12時間程度だからです。

血圧が高めの人、高脂血症や糖尿病などで血液の粘性が高い人、
ストレスの多い人などは納豆1日50gを毎晩食べるのがおすすめです。

なお、ナットウキナーゼは熱に弱いので、健康効果を狙うのであれば加熱しない
で食べるようにしましょう。
また、納豆が苦手な方はナットウキナーゼから作られたサプリメントを利用する
と良いでしょう。